[那須・さくら市] 新築一戸建て・注文住宅・リフォームの北欧住建

​私たちの取り組み考え方

北欧住建の考え方   私達だからできる事

日本ではさまざまなスタイルの家が建てられています。デザインなどハード面にこだわった家や

ライフスタイルなどソフト面まで切り込み、提案している会社もあります。

どれもそれぞれに素晴らしい家ですが

私達がいつも考えていることは、時を経て風合いや素材の持つ味わい、それらが深みを増し、

手から手へと造りこんだ空間こそが「マイカントリーハウス」になると考えております。

すり減った無垢材の床 傷やへこみのついた無垢のドア 使い込んだダイニングテーブル ヒビの入った革張りのソファー

本物だからはっきりといえる良質なアンティークハウス

現在アンティーク商品はインターネット上でも高値で取引されております  

しかし、今の日本のほとんどの家が、合板に木を薄くスライスして貼った床材や壁はビニール製の紙を貼っており

ドア建材はプリント合板を使用しております

時を経る程美しくなる家、時間がたつことで資産価値の上がる家

何十年と暮らした家には そこにいる人々の思いが込められ、歳を重ねた証が刻まれていきます。

次世代に受け継がれ50年100年と当たり前に使われる家造りを日々考えております。

ですが、残念ながら日本の住宅の平均寿命は約30年   

とても高価なものなのに、わずか30年程度なのです。理由は日本の住宅事情が商業主義に流されているからです

35年の住宅ローンを組んで30年しか寿命のない物を私達は造るつもりはありません

ヨーロッパの家の平均寿命は80年と言われております。勿論イギリスのコッツウォルズ地方のように300年経過した家も残っております。

歴史のあるヨーロッパ、福祉の国スウェーデン60歳を過ぎたら病院、バス、タクシーは無料です。

性能が悪くて、有害なものを使うことはこの国では許可が下りないのです

安全で安心して住める家、時間がたつほどに価値の上がる家、そんな北ヨーロッパの家造りを目指し、

北欧住建と言う名前の会社が生まれました。

家造りは人創り

人は家に住み、その中で子供たちが成長し、やがて巣立ち、残された家族は次のステージに上がり自分達のライフワークを確立する

ご家族の思いや10年20年後を見据えて一緒に考えましょう。

私達の家造りは1棟1棟が手造りです。建売のように量産品ではありません ですから年間何十棟も造ることはできないのです。

私達は住宅展示場を建てたり豪華なパンプレットはありません。何千万かけた、その経費はお客様から頂くことになるからです。

その経費はお金を出したあなたの為に使います

 

                     私達の思いや考えに共感して頂けたら幸いです

                              北欧住建有限会社 代表取締役 三松 浩之

                                                                                              物語はここから始まった・・・を読む