[真岡市] 新築・外構・リフォームの北欧住建

​ピザ窯作り

​自宅前に元々あったバ-ベキューの炉を半分解体して、ピザ窯作りを行うことにしました!

まずは、土台となるブロック積です。

水平器を使って積み上げます。

​ブロックが積みあがったら炉板を置きます。(ピザがのる場所になります)

ここがピザ窯作りのポイントです!

後ろに10㎝くらいの隙間が見えます。

この隙間から熱による、上昇気流によって

上部を熱くします。

​これによってピザが早く、均等に焼けます。

素人がアーチを作るのは難しいと思います。

bossからのとっておきのレクチャーは

ホームセンターに行くと曲げベニヤが売っていますこれを購入するととても便利です。

自由に曲がるので、お好みのアーチの型が

できます。

​アーチが出来たら、いよいよレンガ積です。レンガの隙間にはモルタルをしっかり詰めて下さい(指で押さえつけるくらいが良いです)←ピザ窯作りの重要なポイントです。レンガは耐火レンガにして下さい

高温にさらされると割れることがあります。耐火レンガは、保温力にも強いのと、

1300度の温度にも耐えられます。隙間のモルタルは耐火セメントを使用して下さい(画像右)

レンガが積みあがったらその周りをモルタルや

余ったレンガなどで2重に覆って下さい

熱が逃げにくくなります。

モルタルを厚く塗ると割れ(クラック)がでやすく

なりますのでメタルラス(ホームセンターで購入

できます)を何枚か貼ると割れが出にくくなります。

​ここまで1日での作業となりました。

積みあがった耐火レンガの上にモルタルとレンガをもう1度積み上げます(写真左)

2重に積上がった様子(写真右)炉内の温度を400度くらいまで温度をあげますので周辺も

かなり熱くなります。

完成です!2日間でできました・・・耐火レンガを2重に貼り、きれいに下段部分にも色を着けました。

保温性もバッチリです。